借金苦で死にたいと考える前にすべき5つのことと債務整理による合法的解決策

ケース別に考える債務整理

不幸にも自殺という方法を選んでしまった人には、「借金苦が原因」というケースも少なくありません。

この記事を読んでいる人にも「とても返しきれない借金を抱えて、死にたい」と感じている人がいるかもしれません。

たしかに、「多額の借金を抱えてしまった」、「返済日が迫っているのに手持ちのお金がない」という状況は、精神的にもかなり辛いでしょう。

また、借金の問題は、深刻になるほど「誰にも相談できない」と1人で抱え込んでしまいがちです。

「誰にも知られたくない」という気持ちが強いほど、毎月の返済日や債権者からの取立てが怖くなるものです。

不安な生活が長期間抱え込む生活が続くことで、「死にたい!」と考えてしまうようになることは、決して珍しいことではありません。

しかし、借金苦を原因に自殺する必要はありません。

借金問題は、どのような状況であっても「債務整理」で解決することができるからです。

「借金苦で死にたい!」と感じる人には、「責任感の強い人」が多いといえます。

どうにもならない状況や、予定と反して借金が返せなくなったことに、「自分が情けない」、「家族に迷惑をかけたくない」といったことから「死にたい」と思い詰めてしまうことが多いといえるからです。

借金が返せなく状況でも「なんとも思わない人」よりも、借金が返せないことが「死にたいほど辛い」と感じている人の方が、債務整理が成功する確率も高いといえます。

自らの命を絶つという最悪の選択をしてしまう前に、弁護士・司法書士に相談してみましょう。

また、『お金を返済するために別の消費者金融から借入をしている。』

『今の収入のままでは完済をすることは不可能だと分かりつつも放置してしまっている。』

上記の様な状態にまで陥っている場合、その借金問題を解決できる可能性はまずありません。

手遅れになるまえに借金問題の専門家へ相談を行ってください。

どこの法律事務所へ相談をしたら良いのか分からない方は、匿名で使える借金問題無料シュミレーションサイトの利用が便利で簡単です。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

借金苦は死にたくなるほど辛い

「多額の借金を抱えてしまった」ことや「借金が返せなくなった」ことは、精神的にもとても辛い状況です。

「お金が足りない」という状況は、今日明日の生活にも直結する問題であることが多く、「こんなに苦しいなら死にたい」と思い詰めてしまう人も少なくないようです。

「終わりがみえない」辛さ

借金が増えてくると「必死に返済しているのに借金が全く減らない」と感じることも少なくありません。

「終わりの見えないことをひたすら続ける」のは、とても辛いことです。

「あと何年したら借金が完済できるだろう」と途方に暮れているうちに、「心が折れてしまう」、「お金が尽きてしまう」ケースも少なくありません。

「申し訳ない気持ち」と「どうにもできない歯がゆさ」


ほとんどの人にとって、借金は「後ろめたい行為」といえます。

好き好んで借金しなければならない状況に陥る人はあまりいないからです。

特に、生活苦(低所得)を原因とする借金問題の場合には、本人ではどうしようもない事情(ケガ・病気・勤務先や取引先の事情)で借金生活を強いられていることもあります。

また、「借金が返せないことが苦しい」と感じる人のほとんどはマジメで誠実な人です。

「借金が思うように返せない」状況に「申し訳ない気持ち」、歯がゆさやくやしさを強く感じている人もたくさんいると思います。

「こんなはずじゃなかったのに」と過去を悔いていることも多く、「これからのこと」を明るく考える精神的な余裕も次第に失われていきます。

「取立て」と「返済日」のプレッシャー

借金苦の人にとって最も恐ろしいのは、「返済日がくること」と「債権者からの督促(取立て)」です。

借金を「きちんと返したい」と思っている人ほど、返済日が近づくことが辛く、「取立ての電話で家族などにバレてしまうのではないか」と携帯・スマホが鳴ることに不安を感じることが強いようです。

多重債務であれば月の返済日も増えるので、心を落ち着かせる時間を全く作れない生活を続けなければならなくなってしまいます。

毎日、辛い、不安な気持ちで生活することで、「生きていても仕方がない」、「死んでしまいたい」と考えるようになる人もでてきます。

債務整理すれば「死にたいほど辛い状況」から必ず脱出できる!


「借金苦で死にたい」と感じる辛い状況は、「債務整理」で解決することができます。

返しきれない借金があることが「辛い」、「申し訳ない」、「情けない」と感じる人の多くは、「マジメに返したい」と考えている人です。

債務整理は「体裁が悪い」、「債権者に申し訳ない」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、債務整理は「借金で立ちゆかなくなった人が再出発するための法律で認められた救済制度」です。

人生は誰にでもやりなおすチャンスが与えられるべきです。

また、消費者金融や銀行といった債権者は、あなたが債務整理したことで「倒産するほどの大損害」を受けるわけではありません。

すでに一定期間返済をしている借金であれば、債務整理されても利益がでていることだって珍しくないのです。

毎月支払っている利息は、それだけ高額です。

債務整理を「依頼するだけ」で生活が変わる

借金苦の人にとってもっとも辛い「返済日」と「債権者からの取立て」は、弁護士・司法書士に「債務整理を依頼するだけ」で解放されます。

金融機関は、弁護士・司法書士からの「受任通知」を受け取ると、債務者などに連絡(取立て)をすることが禁止されているからです。

また、債務整理に着手したことで、「借金の支払いも一時的にストップ」させます。

「取立て」と「返済日」から解放されれば、心の落ち着ける生活を取り戻すことができます。

「借金をマジメに返したい」と考えていた人であれば、普段通りの生活に戻れることで、生活を建て直すきっかけを作ることも十分可能です。

毎月の返済がなくなることで、家計状況が一気に改善するケースも珍しくありません。

お金がなくても弁護士・司法書士に相談できる


「債務整理したくても費用が払えないから死にたい」と思い詰めている人もいるかもしれません。

たしかに、債務整理をするには、依頼する弁護士・司法書士に支払う報酬や裁判所に納める手数料など、一定の費用がかかります。

しかし、「債務整理を依頼する」段階では、費用の心配をする必要はほとんどありません。

まず、債務整理や借金の相談は、ほとんどの弁護士・司法書士事務所では「無料」で受けることができます。

「借金苦で死にたい」と感じている人には、「1人で悩み続けている」人も少なくないでしょう。

「誰かに相談する」だけでも精神的な負担は軽くなり、これからのことを冷静に考えられるようになります。

相談後に債務整理を依頼する際にも、費用の心配はそんなにいりません。

債務整理を数多く受任している弁護士・司法書士は、「依頼人(相談者)にお金がない」ことをよく理解しています。

必ず、それぞれのケースに見合った「費用の工面の仕方」をアドバイスしてくれるはずです。

また、債務整理の弁護士・司法書士費用は、「分割払い」することもできます。

債務整理を依頼すれば、借金返済は一時ストップされるので、二重の支払いを心配する必要もありません。

任意整理で解決できるのであれば、弁護士・司法書士費用それ自体がそこまで高額ではないケースも少なくありません。

債務整理の費用については、下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

任意整理・個人再生すれば借金は大幅に減る

「毎月何とか返しているけど借金が減らなくて死にたいほど辛い」という場合や、「利息(手数料)が高すぎて返済が追いつかない」という場合には、自己破産ではなく、任意整理・個人再生で借金を解決できる可能性が高いです。

任意整理をすれば、「今後発生する利息がすべて免除」され、個人再生をすれば「利息免除に加え借金(元金)も一部免除」となるからです。

たとえば、50万円の借金が4社(合計200万円)あるときには、利息の免除だけで、「返済総額が100万円減る」こともあります。

完済までに支払う利息はかなり高額だからです。

個人再生であれば、500万円までの借金は100万円まで減額してもらえる可能性があります。

「返済総額(毎月の返済負担)が軽く」なり、「返済のゴールが見える」ようになれば借金を解決できる可能性はかなり高くなります。

利息免除によって「返済した分だけ借金が確実に減る」というのは、とても大きな励みになります。

個人再生ならマイホームを失わずに済むことも


住宅ローンの返済に行き詰まり「マイホームを失うくらいなら死にたい」、「自分が死ねば保険金で家族に家を残せる」と思い詰めている人もいるかもしれません。

住宅ローンを抱えている人の借金問題は、「住宅資金特別条項を適用した個人再生(「住宅ローン特則付き個人再生」と呼ばれることが多いです)」を利用することで解決できます。

「住宅ローン特則」では次のような住宅ローンの返済条件の緩和ができます。

・返済期間延長(最大10年)による毎月の返済額の圧縮
・一定期間の元金据え置き(利息のみの支払い)
・一定期間の利息免除
・ボーナス払いの変更(金額・時期・回数の変更)
・その他、債権者が同意してくれる緩和措置

また、住宅ローンを延滞して「一括返済」を要求されているときには「期限の利益を回復」させることも可能です。

手続きが間に合えば、すでに申し立てられた競売を阻止(停止)させることもできます。

住宅ローンに加え、消費者金融などのカードローンがある場合には、カードローンについては「減額+分割返済」、住宅ローンについては、「カードローンの分割返済中の元金据え置き」という形で、毎月の返済額を大幅に減らすことも可能です。

「借金が返せないからマイホームは手放さざるを得ない」と諦める必要はないのです。

「収入が足りない(全くない)」人でも借金は解決できる

「借金苦で死にたい」と考えている人には、「収入が少ない(全くない)」人も少なくないと思います。

本来は自力で完済できるはずだったのに、会社の都合などで失職して「もう死んで終わりにしたい」と考えている人もいるかもしれません。

「現在の収入が(少)ない」場合には、「法テラス(民事法律扶助)」に債務整理の費用を立て替えてもらうことができます。

立替金の返還は、毎月5,000円もしくは1万円ずつなので、負担はかなり軽いといえます。

実際にも、法テラスに費用を立て替えたもらった上で、個人再生(任意整理)すれば、借金問題の多くは解決できます。

任意整理・個人再生は「アルバイト」であっても利用できるからです。

たとえば、600万円の借金でも、個人再生すれば、120万円まで減額される可能性があります。

5年の計画返済(分割払い)が認められれば、「毎月の返済額は2万円(+法テラスへの返金分)」まで圧縮することができます。

アルバイトでも十分に支払える金額といえるでしょう。

また、「借金の分割返済が難しいほどに収入が少ないとき」であれば、法テラスの立替払いを利用して自己破産することで、「1円も支払わずに借金を解決できる」可能性があります。

毎月の収入が一定額以下の場合には、立替金の返還が免除されるからです。

「収入が全くない」という場合でも、借金から解放される方法はきちんと用意されています。

なお、法テラスの使い方については、下の記事で詳しく解説しています。

参考にしてみてください。

まとめ


「借金を自力で解決できない」ことは、本当に辛いものです。

毎日のように「借金はどうなるのだろう」、「次の返済日は返せるだろうか」といったことばかり考えてしまえば、「生きる気力」も次第に薄れていってしまいます。

また、借金問題は、家族であっても相談しづらい、「家族だからこそ相談できない」と感じることも多く、1人で抱え込みがちです。

精神的な負担を1人で抱え込めば、悪循環な思考になってしまうことも少なくありません。

しかし、借金問題は「債務整理」で必ず解決できます。

弁護士・司法書士への借金の相談は「無料」で受けることができます。

弁護士・司法書士には、守秘義務があるので、家族などに知られる心配もありません。

「借金苦で死にたい!」と感じている人にとって、いま一番大切なのは、「気持ちの負担」を少しでも軽くすることです。

弁護士・司法書士は必ずあなたの支えになってくれるはずです。



借金問題は、匿名で使える無料シュミレーションサービスが便利です。

借りている金額や住まいから、あなたに1番合う借金問題解決の専門家を無料で簡単にマッチングしてくれます。

実際に多くの人が専門家に話を聞いてもらうことで、借金問題を解決することに成功しています。

また、多くの方が口を揃えて言うのが、『こんなにあっけなく借金問題が解決するなら、1人で悩まずもっと早く相談するべきだった。』ということ。

借金問題は先送りにすればするほど、状況は悪化するだけです。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けますし、1日も早く行動をとることが非常に重要です。

あなたの大切な人生。より良いものにする為にも今すぐに行動をすることをおすすめします。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

コメント