セゾンカードの借金と債務整理~クレディセゾンの任意整理・個人再生・自己破産3つの注意点

ケース別に考える債務整理

セゾンカードは年会費無料で手軽に持てるクレジットカードとして人気です。

「持っておくだけならタダ」と思っていても、お金に困ったときにカードで借金すれば、返済時に利息を払わなければなりません。

借金も利息も返せなくなり、困ってしまうこともあります。

借金が払えなくなったときには、債務整理で解決することが可能です。

ここでは、セゾンカードの借金でも債務整理できるのかを説明します。

債務整理でどのくらい借金が減額になるのかも押さえておきましょう。

セゾンカードの借金が払えないなら債務整理を考えよう!

セゾンカードで借金しすぎて支払いに困った場合には、早めに対策を考えましょう。

借金で困ったときに最もおすすめの方法が債務整理です。

クレジットカードで借りた借金でも、債務整理は可能です。

債務整理は合法的に借金を減らせる方法

債務整理とは、債務すなわち借金を整理することです。

債務整理をすれば、借金の毎月の返済額を減額してもらったり、借金自体を免除してもらったりすることができます。

借金の返済ができないとき、他社から借りて支払うのでは、根本的な解決にはなりません。

借入先が増えるほど毎月の返済額も増えてしまい、利息も膨らんでしまいます。

借金の返済に困ったら、借金自体を減らすことを考えましょう。

合法的に借金を減らせる手段は、債務整理のみです。

セゾンカードの借金を債務整理するには

セゾンカードのようなクレジットカードでキャッシングした場合でも、借金の返済に困ったときには、債務整理が可能です。

セゾンカードの借金で債務整理を考える場合、セゾンカードの借金のみを整理する方法と、他の借金も合わせて整理する方法があります。

セゾンカードの借金のみを整理する債務整理方法が、任意整理です。

任意整理とは、借金の返済方法の変更を債権者に直接申し入れ、承諾を得る方法になります。

他の借金を合わせて整理する債務整理方法は、個人再生または自己破産です。

個人再生は借金を圧縮してもらう方法で、自己破産は借金自体を免除してもらう方法になります。

債務整理するにしても、選択肢はいくつもあります。

それぞれメリット、デメリットがありますから、自分に合った方法を選びましょう。

債務整理する前にセゾンカードの特徴を知っておこう!


セゾンカードで借金している場合、債権者は発行元のクレディセゾンです。

クレディセゾンの概要とセゾンカードの特徴を知っておきましょう。

現在はみずほ銀行の傘下

セゾンカードは、株式会社クレディセゾンが発行しているクレジットカードです。

クレディセゾンは、元々、西武百貨店を中心とするセゾングループの会社でした。

現在セゾングループは事実上解体しており、クレディセゾンはみずほ銀行系列の会社となっています。

なお、クレディセゾンは、2006年にみずほ銀行系のユーシーカード株式会社を吸収合併しています。

現在も、「UCカード」というブランドのクレジットカードは残っていますが、発行元はクレディセゾンです。

セゾンカードの年会費は無料

セゾンカードは、ゴールドカードなどを除き、年会費は無料です。

スーパーや百貨店などとの提携カードも多数発行されているので、よく行くお店のカードを作ることもあるでしょう。

最初は持っておくだけと思っていても、つい使ってしまうこともあると思います。

アメックスブランドも持てる


セゾンカードでは、VISA、MasterCard、JCB、American Express(Amex)から希望の国際ブランドを選べます。

国際ブランドの中で特にステイタスを感じるのがAmex。

Amexの提携カードを発行してもらえるクレジットカードは少ないので、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは特に人気です。

セゾンカードのキャッシング

セゾンカードでは、申込時に希望すれば、ショッピング枠だけでなくキャッシング枠を付けることができます。

借入可能額は審査によって決まりますが、最大で300万円、金利は12~18%となっています。

クレディセゾンでは独自のATMを設置しており、無料で借入や返済をすることも可能。

提携金融機関やコンビニATMも利用できます。

買い物だけでなく借金にも便利なカードなので、つい借り過ぎてしまっても不思議ではありません。

セゾンカードの過払い金

カード会社と古くから取引をしている人は、払い過ぎの利息(過払い金)が発生している可能性があります。

クレディセゾンでも、2007年まではグレーゾーン金利を設定していたため、それ以前から取引がある人は、過払い金にも注意した方がよいでしょう。

過払い金があれば、残りの借金の返済に充てられるため、借金の残高を減らすことが可能です。

債務整理によって、過払い金を取り戻せることもあります。

セゾンカードの借金を任意整理する方法

債務整理の中で、最も迅速に手続きできる方法が任意整理です。

クレディセゾンの借金を任意整理する場合の流れは以下のようになります。

クレディセゾンに受任通知発送


任意整理するときには、まず、クレディセゾンに任意整理希望であることを伝える必要があります。

任意整理を弁護士や司法書士に依頼して、クレディセゾン宛に受任通知を送ってもらい、任意整理の希望を伝えましょう。

受任通知送付後は、毎月の返済は中止してかまいません。

取引履歴をもとに残債を確定

受任通知発送時には、通常、取引履歴の開示請求もします。

クレディセゾンから取引履歴が届いたら、まずは借金の残高確認です。

グレーゾーン金利で借入している場合には、利息制限法の金利に直す引き直し計算が必要です。

引き直し計算の結果、過払い金が発生していれば、残りの借金に充当して残高を減らすことができます。

クレディセゾンと和解交渉

確定した残債について、クレディセゾンと分割払いの交渉を行います。

毎月の返済額を減らしても、残りの借金を3~5年で完済できる場合には、和解に応じてもらうことが可能です。

なお、将来発生する利息については、免除してもらえます。

和解成立

クレディセゾンと和解が成立すれば、和解書を交わします。

以降は、和解書の条件に従って返済を続けましょう。

セゾンカードの借金を裁判所で債務整理する方法

任意整理が困難な場合には、裁判所を通じて債務整理する方法を考えましょう。

裁判所に申し立てて借金を減額・免除してもらう方法には、個人再生と自己破産があります。

セゾンカードの借金を個人再生で解決


個人再生をする場合には、申立後に再生計画案を提出し、裁判所の認可を受ける必要があります。

個人再生では、借金の総額の少なくとも5分の1程度は返済しなければなりません。返済期間は原則3年です。

個人再生では、再生計画どおりに借金の返済を完了した場合にはじめて、残りの借金が免除になります。

途中で返済できなくなれば、個人再生は失敗しますから、注意しておきましょう。

なお、個人再生では住宅ローンは除外することが可能です。

住宅ローンはそのまま払い続ければ、自宅を手ばなす必要もありません。

セゾンカードの借金を自己破産で解決

セゾンカードの借金も含め、すべての借金を免除してもらえるのが自己破産です。

厳密には、自己破産しただけでは借金は免除にならず、自己破産後に免責許可を受ける必要があります。

自己破産するときには、最低限度の現金は手元に残せますが、それ以外の財産は売却して換金しなければなりません。

家や車は手ばなさなければならないため、財産を持っている人は要注意です。

また、士業など一部の職種についている人は、自己破産から免責までの間、職業制限を受けてしまいます。

手続きをする前に、仕事に影響が出てしまわないかも確認しておきましょう。

セゾンカードの借金を債務整理する場合の注意点

債務整理すると、どの方法を選んでも、ブラックリストに載ります。

当面の間、借入制限を受けることも認識しておきましょう。

ブラックリストとは


金融事故を起こすと、「ブラックリストに載る」と言われます。

ブラックリストというリスト自体が存在するわけではありません。

「ブラックリストに載る」とは、信用情報機関において、事故情報が登録されている状態を意味します。

信用情報機関のしくみ

信用情報機関(個人信用情報機関)とは、クレジットカードや各種ローンの利用者の個人情報や契約情報、利用履歴などが登録されているところです。

日本には現在、CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つの信用情報機関があります。

事故情報というのは、信用情報機関に登録されている情報のうち、延滞や債務整理など金融事故の情報です。

金融機関はいずれかの信用情報機関に加盟しており、各信用情報機関の間でも情報は共有されているので、事故情報はどこの金融機関にもわかってしまいます。

ブラックリストに載っている期間

債務整理の種類や信用情報機関にもよりますが、事故情報は5~10年ほど登録されます。

信用情報機関に事故情報が登録されている間は、借入の審査には通りません。

しばらくの間、新しいカードを作ったり、ローンで借入を行ったりすることはできなくなります。

新たな借金ができないということは、生活を立て直す上ではむしろ好都合です。

債務整理後は、残っている借金の返済に専念し、借金を一旦なくしてしまうことを考えましょう。

まとめ

セゾンカードでキャッシングをし、返済困難になったなら、債務整理を考えましょう。

債務整理をすればブラックリストに載りますが、借金を合法的に減らせます。

ブラックリストに載っている期間もそう長くはありませんから、早期に生活の立て直しを完了しましょう。



借金問題は、匿名で使える無料シュミレーションサービスが便利です。

借りている金額や住まいから、あなたに1番合う借金問題解決の専門家を無料で簡単にマッチングしてくれます。

実際に多くの人が専門家に話を聞いてもらうことで、借金問題を解決することに成功しています。

また、多くの方が口を揃えて言うのが、『こんなにあっけなく借金問題が解決するなら、1人で悩まずもっと早く相談するべきだった。』ということ。

借金問題は先送りにすればするほど、状況は悪化するだけです。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けますし、1日も早く行動をとることが非常に重要です。

あなたの大切な人生。より良いものにする為にも今すぐに行動をすることをおすすめします。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

コメント