エムアールアイ債権回収からのハガキや電話を無視とどうなる?4つの請求書と債務整理について

ケース別に考える債務整理

ある人突然「エムアールアイ債権回収」という聞いたこともない業者から請求書が来た…。これって無視していたらどうなるの?

取引をしたことのない業者からいきなりハガキが届いたらびっくりしますよね。

ですが、結論から言うとこの手の「債権回収会社」から請求書が来た場合には、その請求書は決して無視してはいけません。

この記事では、債権回収会社から請求が来た時の適切な対応方法を解説します。

いきなり知らない業者からハガキや電話が来てどう対応したらよいのか不安…という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エムアールアイ債権回収とはどんな会社?


そもそも「エムアールアイ債権回収なんて会社、聞いたことがないしお金を借りた覚えもないんだけど?」という方も少なくないでしょう。

ごく簡単にいうと、エムアールアイ債権回収は「借金の取り立て」を専門にしている業者です。

クレジットカード会社や、銀行カードローンを利用している方で、長期間にわたって支払いが遅れてしまったような場合には、エムアールアイ債権回収から連絡が来る可能性があります。

エムアールアイ債権回収から請求書が来た…これって放置したらどうなるの?

結論から言うと、エムアールアイ債権回収から送られてきたハガキや電話は放置してはいけません。

上でも見たように、エムアールアイ債権回収から請求書が来るということは、すでに過去に利用したカードローン会社などの支払いが遅れてしまっている可能性が非常に高いですから、これを放置してしまうと法的な手続きを取られてしまう可能性があるためです。

実際にエムアールアイ債権回収から届く請求書には次のような内容となっていることが多いでしょう(お手元にあるハガキや封書を確認してみてください)

①債権譲渡通知
②「減額和解」のご提案
③法手続き予告通知
④一括弁済勧告通知

以下、それぞれの書類の意味について順番に説明していきます。

①債権譲渡通知


①の「債権譲渡通知」は、ごく簡単にいうと、「あなたが利用したカードローン会社から、あなたに対して借金の請求をする権利を買い取りましたよ」という意味の通知です。

債権譲渡通知は、あなたが実際に利用したカードローン会社から届く場合と、エムアールアイ債権回収のような債権回収業者から届く場合の両方が考えられます。

債権譲渡通知とは何か?

例えば、アコムで利用していた借金100万円の支払いを放置していたとしましょう。

このとき、アコムはエムアールアイ債権回収に対して、あなたに対して持っている100万円の借金を回収する権利を譲渡します。

こうした譲渡のことを債権譲渡と呼びますが、譲渡された債権は新しく債権の所有者となった人に対して返済する必要があるのです。

アコムからエムアールアイ債権回収に対して債権譲渡が行われた後には、あなたはアコムではなく、エムアールアイ債権回収に対して借金を負っている形になります(あなたとアコムとの関係は切れます)

あなたとしては、今後はエムアールアイ債権回収のに対してのみ借金の支払をすればOKということですね。

②減額和解のご提案

エムアールアイ債権回収から、「減額和解のご提案」という内容の封書が届くこともあります。

これは、簡単にいうと「借金の一部を免除するので、可能な範囲で払ってください」という意味です。

エムアールアイ債権回収としては、借金の全額を回収できない状態を放置するよりは、一部を免除してでもいくらかは払ってもらった方が得なので、このような内容の通知をしてくることがあるのです。

減額和解に応じるメリットはある?

減額和解の内容は、多くのケースで「利息や遅延損害金の免除」という形になっていることが多いでしょう。

これは簡単にいうと、借金の元本さえ返してくれるのなら、利息については免除しますよという意味です。

また、次で見る「一括返済」から「分割返済」に切り替える内容の減額和解となっていることもありますので、応じることで借金を完済できる見込みがある場合には、検討してみる価値はあります。

「減額和解のご提案」の書類には、返信用の封筒と和解内容について記載する書類が同封されていると思いますので、必要事項を記入して返送するようにしましょう。

③一括弁済勧告通知

3つ目は一括弁済勧告通知です。

これは、具体的に言うと「これまでは分割返済でOKとしていましたが、約束通りに返済されないようなので全部まとめて払ってください」という意味の書類になります。

そんなことって可能なの?合法なの?と疑問に思われる方が多いと思いますが、お金を借りたときの契約書を見ると「期限の利益喪失条項」という内容が記載されていると思います。

これは、簡単にいうと「通常は分割返済でOKだけれど、返済が遅れた場合は借金の残高をすべて一括で請求することができる」というお金を貸す側にとって非常に有利な約束です。

一括返済なんてできないという方へ

この一括弁済勧告通知を受け取った人の多くが、「分割でも返済できないのに、一括返済なんかできるわけない」と思われていることでしょう。

エムアールアイ債権回収の側としても、分割での返済も難しい人が、一括返済に応じることはあまり期待していません。

実際には一括弁済勧告通知の後には、次で見る法手続き予告の通知が届くことが多いので、一括弁済勧告通知は「法手続きに移る前の最後の通知」という意味合いが強いのです。

④法手続き予告通知

エムアールアイ債権回収から送られてくる通知の中には、「法手続き予告通知」というものもあります。

これは簡単にいえば、「何度も請求しているけれど払ってくれないようなので、今後は裁判所を通した手続きに移行しますよ」という通知です(法手続きの具体的な内容については次の項目でくわしく説明します)

エムアールアイ債権回収からの書類を無視していると、裁判所からの書類がくる可能性大


上で、エムアールアイ債権回収から届く可能性のある4つの種類の請求書についてみましたが、これらをすべて無視した場合にはどうなるでしょうか。

結論から言うと、これらの書類が着た後のタイミングでは「裁判所からの通知」が届く可能性が高いです。

具体的には、簡易裁判所を通した「支払督促」という書類がくることが多いでしょう。

こうした裁判所から通知が届いた場合には、すでに強制執行の手続きが進行していることを意味します。

最悪の場合はあなたの勤務先のお給料が差し押さえるなどの不利益を被る可能性がありますから、注意しなくてはなりません。

裁判所から届く支払督促の書類には、口頭弁論期日の日程や、和解を求める内容の通知が同封されていると思いますので、これらは無視することなく対応するようにしましょう。

エムアールアイ債権回収の請求をどうしても払えない場合はどうする?



エムアールアイ債権回収などの債権回収業者からの請求が来てしまっているという方の場合、多くのケースで借金全額の返済が実質的に不可能になってしまっているケースが多いでしょう。

このような状況は、あなたやあなたの家族にとっても望ましい状況ではありません。

借金は約束通りに返済しなくてはいけないのが大原則ですが、どうしても返済が難しい場合には「債務整理」といわれる方法があります。

これは、ごく簡単にいうと「どうしても借金の返済が難しい場合には、裁判所で手続きを行うことによって合法的に借金の支払いを免除してもらえる」というルールのことです。

債務整理とは?

「そんなつごうの良い話があるの?」と思われる方も少なくないと思われますが、これは法律で決まっているルールですので、どなたでも利用することができる方法です(「破産法」や「民事再生法」といった法律でるるが決まっています)

債務整理には大きく分けて任意整理・個人再生・自己破産の3つの方法があり、あなたの状況に合わせて借金免除の方法を選ぶことができます。

債務整理に関する手続きは、司法書士や弁護士といった法律の専門家に相談することで進めることができますから、専門家の事務所に相談することを検討してみてください。

多くの事務所では、初回の相談は無料となっているほか、手続きを行うための費用も後払いや分割払いが認められますので、「いま手元にお金がなくて困っている」という方も専門家を利用することができますよ。

まとめ



今回は、エムアールアイ債権回収からの連絡がきたという方向けに、通知内容の意味や対処法について解説しました。

通常、エムアールアイ債権回収から連絡が来るタイミングでは、借金の返済がかなり遅れてしまっている状態になっていることが多いでしょう。

借金の返済がどうしても難しい…という状態の方は、本文で解説した債務整理の方法を選択してみることも検討してみてくださいね。



借金問題は、匿名で使える無料シュミレーションサービスが便利です。

借りている金額や住まいから、あなたに1番合う借金問題解決の専門家を無料で簡単にマッチングしてくれます。

実際に多くの人が専門家に話を聞いてもらうことで、借金問題を解決することに成功しています。

また、多くの方が口を揃えて言うのが、『こんなにあっけなく借金問題が解決するなら、1人で悩まずもっと早く相談するべきだった。』ということ。

借金問題は先送りにすればするほど、状況は悪化するだけです。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けますし、1日も早く行動をとることが非常に重要です。

あなたの大切な人生。より良いものにする為にも今すぐに行動をすることをおすすめします。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

コメント