エムアールアイ債権回収からピンクの封筒や電話が来た際の対応策と債務整理で減額和解する方法

ケース別に考える債務整理

今回は、「エムアールアイ債権回収」から支払いを請求されたときの対処方法について解説します。

いまではさまざまな手口の詐欺が横行しています。

いわゆるオレオレ詐欺などは、どれだけ摘発してもなくなることがありません。

また、メール等で「覚えのない支払い」を請求されたことのある人も多いと思います。

そのため、「エムアールアイ債権回収」なんて知らないから「詐欺ではないか」を疑ってしまう人や、郵便物を捨ててしまおうと思っている人もいるかもしれません。

しかし、「エムアールアイ債権回収」からの請求を無視することはできません。

「エムアールアイ債権回収」は、国の許可を受けて営業している正規の債権回収業者(サービサー)だからです。

エムアールアイ債権回収から請求されたときには、丸井(エポスカード)の支払いに延滞がある場合が最も多いです。

債権回収業者からの請求を無視すれば、訴訟提起などによって最終的には給料の差し押さえなどにあってしまう可能性があります。

この記事の解説を参考に、正しく対応しましょう。

また、『給与が入っても借金の返済で終わってしまいまた借りてしまう。』

『現実問題として完済は無理だと頭では分かっているのに放置をしている。』

上記の様な状態にまで陥っている場合、その借金問題を解決できる可能性はまずありません。

手遅れになるまえに借金問題の専門家へ相談を行ってください。

どこの法律事務所へ相談をしたら良いのか分からない方は、匿名で使える借金問題無料シュミレーションサイトの利用が便利で簡単です。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

エムアールアイ債権回収からの請求は「無視」してはいけない

いまでは、さまざまな方法で身に覚えのない金銭の支払いを請求されることがあります。

「『エムアールアイ債権回収』という会社なんて見たことも聞いたこともない」という人がほとんどでしょう。

そのため、いわゆる「架空請求」と勘違いをして無視してしまう人もいるかもしれません。

しかし、エムアールアイ債権回収からの請求は無視してはいけません。

エムアールアイ債権回収を無視できない理由

エムアールアイ債権回収からの請求を無視できない理由は、「エムアールアイ債権回収が正規の債権回収業者(サービサー)」だからです。

つまり、エムアールアイ債権回収から支払いを請求されるのは、「別の支払いを延滞している」からで、架空請求や詐欺ではないということです。

エムアールアイ債権回収は、エポスカードを発行している丸井(百貨店)の関連会社です。

したがって、エムアールアイ債権回収から支払いを請求されたときには、エポスカード(丸井)の支払いに延滞があることが予想されます。

また、消費者金融の「ゼロファースト」はエポスカードが運営している消費者金融のブランドです。

したがって、ゼロファーストからの借金に延滞があるときにも、エムアールアイ債権回収から請求されることがあります。

他には、「スルガ銀行(地方銀行)」への支払いに延滞があるときにも、エムアールアイ債権回収から支払いを求められる場合があります。

万が一無視してしまったらどうなる?


エムアールアイ債権回収からの支払い請求は、郵便物(ハガキや封書)の送付による方法からはじめるのが通常です。

しかし、郵便による督促を無視すれば、「電話(携帯・自宅・勤務先)での督促」、「訪問(自宅・勤務先)での督促」と督促方法が厳しくなっていきます。

特に、「丸井」は、日本で最初に「クレジットカード」という名称を使用した会社としてもよく知られており、小口債権の回収ノウハウ(債務者の居宅・連絡先確認)の蓄積には実績があります。

延滞がさらに伸びれば、最終的には、「支払督促」や「訴訟提起」によって強制回収(給料差し押さえなど)となることも十分に考えられます。

「何も確認せずに」すぐ連絡してもいけない

「エムアールアイ債権回収」から支払いを求められたときには、無視してもいけませんが「何も確認せずにすぐに連絡する」ことも避けるべきです。

その理由は、次の通りです。

・エムアールアイ債権回収の名を騙った詐欺の可能性がある
・請求されている債権にすでに消滅時効が完成している可能性がある

連絡先が「正しい」か必ず確認


いまでは、さまざまな手口でお金を騙し取ろうとする詐欺が横行しています。

実存するサービサー(に似た名前)を装った架空請求詐欺もそのひとつです。

実際にも、「『エムアールアイ』を名乗った不審なメールが不特定多数に送付されている」ことを、エムアールアイ債権回収も警告しています。

メールに書かれている「脅し文句」などに慌ててすぐに連絡するのではなく、下記ウェブサイトなどに記されている「正確な情報」と照合した上で、落ち着いて対応しましょう。

エムアールアイ債権回収(公式ウェブサイト)

ご返済等のお問い合わせ(エムアールアイ債権回収ウェブサイト)

サービサー一覧(法務省ウェブサイト

消滅時効が完成しているかもしれない

丸井やゼロファーストの支払いに延滞があるときには、最初の延滞からエムアールアイ債権回収から請求がくるケースも珍しくないようです。

したがって、丸井などの支払い分について消滅時効が完成していることは、ほとんどないと思われます。

しかし、スルガ銀行や他の債権者に対する支払い分については、「延滞期間が5年以上」になっていて「消滅時効が完成」しているケースがないわけではありません。

サービサーからの支払い請求には、必ず債権(支払い内容)の詳細が記載されています。

請求の詳細を確認した上で、消滅時効が完成しているときには、特に慎重に対応しましょう。

消滅時効は、「時間の経過」だけで「借金を帳消しする」ことはできないからです。

消滅時効によって借金をなくすためには、「時効の援用」という意思表示の行為が必要です(民法145条)。

時効期間(5年)が完成しているときでも、援用前に「借金の存在を認める」行為をすれば、時効の援用をすることができなくなってしまいます。

時効の援用は、必要事項を記載した内容証明郵便を送付して行うのが最も一般的です。

一般の方でも自分で文書を作成することも可能ですが、弁護士・司法書士・行政書士に相談すれば、比較的安い料金ですぐに対応してもらえます。

請求された金額を支払えないとき


エムアールアイ債権回収の請求内容が「正しい請求」で「消滅時効も完成していない」ときには、支払いに応じるしかありません。

しかし、実際には「延滞期間が長い請求」ほど、支払いに応じられない場合が多いと思われます。

直接交渉で分割払いを認めてもらっても返済総額は減らない

「請求された金額を一括で返済できないとき」には、エムアールアイ債権回収に「分割での支払い」をお願いすることが考えられます。

しかし、「回収のプロ」であるサービサーとの交渉を、交渉スキルも専門知識もない一般の人が自力で行うのは簡単なことではありません。

必ずしも「自分がゆとりをもって返済できる分割額」で相手が同意してくれるとは限りません。

むしろ、相手のペースで交渉され「返済し続けるのが厳しい分割額」を押しつけられてしまう場合の方が多いといえるでしょう。

特に、長期の延滞分を一括請求されたときには、「自力で返せる金額」かどうかを冷静に判断することが大切です。

「金額が大きすぎて返済は大変」と少しでも感じたら、弁護士・司法書士に債務整理の相談をすることをおすすめします。

債務整理なら「返済総額」を必ず減らせる

「エポスカードの利用額が大きくなりすぎた」、「ゼロファースト」や「スルガ銀行」のカードローンが返せないといったときには、「債務整理」で解決することができます。

これらの借金には、高い利率の利息・手数料が発生しています。

特に、丸井の買い物をリボ払いで決済しているときには、「毎月の利息の支払いで首が回らない」ということもあると思います。

利息・手数料の負担が苦しいときには、「任意整理」が非常に効果的です。

任意整理をすれば「今後発生する利息がすべて免除」となるので、支払い総額を大幅にカットすることができます。

あわせて分割払いの回数の見直しも行うので、確実に毎月の支払額を減らせます。

また、多重債務となったため、カード利用額・借金額が膨らんでしまったときでも「個人再生」を利用できれば、自己破産せずに解決することができます。

たとえば、エポスカードとゼロファーストの借金が300万円あるとき個人再生すれば、100万円まで減額してもらえる可能性があります。

「債務整理でどのくらい借金が減るか」については、下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

債務整理の相談は「無料」で受けられる


「債務整理するにしてもその費用すら払えない」と諦めている人もいるかもしれません。

しかし、実際には、お金に困っている多くの人が、弁護士・司法書士に依頼して債務整理をしています。

債務整理に関する相談は「無料」で受けることができます。

わからないこと、不安なことがあるときには、気軽に無料相談を活用しましょう。

また、「債務整理の費用」は分割で支払うこともできます。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すれば、借金の支払いを一時的に止めることができるので、一般の人が思っているよりも債務整理の費用は工面しやすいのです。

さらに、債務整理の費用が「高くない」ことも少なくありません。

たとえば、エムアールアイ債権回収1社だけを任意整理するのであれば、10万円以下の費用で収まる場合がほとんどでしょう。

「お金がないから債務整理できない」と決めつけずに、弁護士・司法書士に相談してみましょう。

エムアールアイ債権回収(エポスカード)を債務整理するときの注意点

エムアールアイ債権回収から支払いを請求された人のほとんどは、エポスカードかゼロファーストへの支払いを延滞していると思います。

たとえば、エポスカードへの支払い分を債務整理すると次のようなデメリットが生じます。

・エポスカード・ゼロファーストが強制解約となる
・今後エポスカード・ゼロファーストと信用取引ができなくなる
・他のクレジットカードも解約・更新拒否となる場合がある
・代金を完済していない商品が引き上げられる場合もある

ゼロファーストは、元々は独立した消費者金融でしたが平成26年にエポスカードに吸収合併されました。

そのため、エポスカードとゼロファーストの両方に借金がある場合には、「どちらか片方だけを債務整理する」ことが難しい場合があります。

また、エポスカードを債務整理すれば、社内のブラック情報に登録されるため、今後、エポスカードの再発行やゼロファーストからの借入もできなくなります。

あわせて、エポスカードを債務整理したことは、信用情報に登録されます。

そのため、エポスカード以外の(債務整理しなかった)クレジットカードも今後解約・更新拒否となる可能性があります。

ただし、それぞれのカード会社の判断によっては、そのまま問題なく利用できる場合も少なくありません(詳しくは下の記事を参考にしてください)。

さらに、エポスカードで高額商品をショッピングしている場合には、「代金を完済していない商品の引き上げ」にあう可能性があります。

クレジットカードの分割払い(リボ払い)で購入した商品は、代金完済まで「所有権が留保」されているからです。

特に、ブランド物の衣服や装飾品は、中古市場が確立しているので、「引き上げた商品を売却して残金を回収する」ことを債権者が選択する可能性もあります。

まとめ


いままで付き合ったことのない会社から金銭の支払いを請求されると誰もが驚き、警戒します。

いまの社会ではそれだけ「架空請求」が頻繁になされているからです。

しかし、「エムアールアイ債権回収」は、法律に則って業務を行っている正規の債権回収業者(サービサー)です。

したがって、請求を無視すれば、訴訟提起による強制回収といった面倒なことになってしまう可能性があります。

他方で、サービサーは「消滅時効が完成した借金」を請求してくることもあります。

そのため、請求内容を確認せずにすぐに連絡すれば、「本来支払う必要ないお金」を支払ってしまうこともあります。

エムアールアイ債権回収から金銭の支払いを請求されたときには、慌てず、落ち着いて、「請求された内容」、「相手の連絡先」をしっかり確認しましょう。

万が一、「すぐに支払えない金額」であったときには、できるだけ早く弁護士・司法書士に債務整理の相談をしましょう。

債務整理の相談は、無料で受けられる事務所がほとんどなので、手元にお金がないことを心配する必要もありません。



借金問題は、匿名で使える無料シュミレーションサービスが便利です。

借りている金額や住まいから、あなたに1番合う借金問題解決の専門家を無料で簡単にマッチングしてくれます。

実際に多くの人が専門家に話を聞いてもらうことで、借金問題を解決することに成功しています。

また、多くの方が口を揃えて言うのが、『こんなにあっけなく借金問題が解決するなら、1人で悩まずもっと早く相談するべきだった。』ということ。

借金問題は先送りにすればするほど、状況は悪化するだけです。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けますし、1日も早く行動をとることが非常に重要です。

あなたの大切な人生。より良いものにする為にも今すぐに行動をすることをおすすめします。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

コメント