借金50万円は債務整理すべき?返済できる?任意整理・個人再生・自己破産と返済シュミレーション

ケース別に考える債務整理

借金50万円なら自力で完済できると考えている人は多いと思います。

たしかに、50万円であれば、毎月コツコツと返済を続けることで、完済できる場合が多いでしょう。

しかし、50万円の借金を抱えているすべての人が、無事に完済できているわけでもありません。

たとえば、サラリーマンの場合には、会社の事情で給料が減ったり、リストラされてしまった場合や、急な病気で休職・退職を余儀なくされることがないわけではありません。

自営業者の場合には、取引先の都合で入金が遅れた、取引先が倒産したといった事情で資金繰りが厳しくなることもあるでしょう。

また、「クレジットカードのリボ払いを多く利用している場合」には、毎月返済しても利用残高が減らずに、ついに延滞してしまうというのも珍しくないケースです。

数百万円の借金を抱えて自己破産するケースも、「50万円ほどの借金をきっかけ」にしている場合が少なくありません。

そこで、今回は、50万円の借金であっても債務整理で解決した方が良いと考えられる3つの場合と、借金50万円を債務整理で解決する方法について解説します。

「借金が少なければ債務整理できない」ということはありません。

むしろ、借金問題は「完済できない」、「返済が苦しい」と感じたときには、借金の額が小さくてもすぐに対処することが何よりも重要です。

また、『借金の元金が1年以上減っていないどころか増えている。』

『心のなかでは今の状態で借金を完済するのは不可能だと分かっている。』

このような状態にまで陥っている場合、その借金問題を解決できる可能性はまずありません。

手遅れになるまえに借金問題の専門家へ相談を行ってください。

どこの法律事務所へ相談をしたら良いのか分からない方は、匿名で使える借金問題無料シュミレーションサイトの利用が便利で簡単です。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

それでは解説をしていきます。

「借金50万円」を債務整理で解決した方が良い場合

「借金50万円なら債務整理しなくても自力で解決できる」と考えている人や「借金50万円では債務整理できない」と思い込んでいる人は実際にも少なくないようです。

しかし、その他方で「50万円の借金がなかなか減らない」、「50万円の借金返済が毎月辛い」と感じている人も多いのではないでしょうか。

「借金問題を債務整理で解決すべきかどうか」ということは、借金総額よりも「毎月の収入額」をベースに考えるべきといえます。

たとえば、月収100万円の人であれば、100万円の借金でもほとんど問題とならない場合が多いでしょうが、「月収20万円程度の人にとっての50万円の借金」は、かなり深刻な問題である場合の方が多いからです。

すでに「完済が難しい状況」になっている場合

次の状況にある人は、すでに自力での完済が難しい可能性が高いといえます。

・毎月の返済をすでに「延滞・遅延」している
・借入件数が複数ある
・毎月の返済を他の金融機関からの借金で対応している

すでに延滞している状況では、これ以上借金を放置しておくのは非常に危険です。

さらに借金が深刻になる前に早急に対策を講じるがあります。

「まだ50万円だから自力で何とかしたい」という気持ちはわかりますが、できるだけ早いうちに弁護士・司法書士に相談することを強くおすすめします。

また、延滞していない場合でも、借入件数が複数あるときには注意が必要です。

借金50万円でも借入件数が増えるほど、毎月の返済負担は重たくなるからです。

たとえば、借金50万円の借入先がアコムだけという場合であれば、毎月の返済額は13,000円です(最低返済額)。

しかし、アコムから30万円、楽天カードから20万円という場合には、毎月の返済額は2万円以上になります。

「借金返済」のために追加の借入をしているときには、延滞している場合よりも危険な状況であることも少なくありません。

いわゆる自転車操業は、借金を増やす行為です。

また、自転車操業は1度始めてしまうと破綻するまで止められない場合が少なくありません。

自転車操業に陥るときには、「慢性的な資金不足」になっている場合がほとんどだからです。

自転車操業で返済をやりくりしている人は、すぐに弁護士・司法書士に債務整理の相談をしましょう。

これから収入が減る(なくなる)ことが予想される場合


今後収入が減っていく(なくなる)ことが確実視される場合には、50万円の借金であっても債務整理をして「毎月の返済額を圧縮」した方が良い場合が多いといえます。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

収入源に応じて生活費を切り詰めることは、思っているほど簡単なことではありません。

まして、現時点で借金を抱えている人であれば、すでに「生活費はギリギリまで切り詰めている」という場合もあるでしょう。

また、病気やリストラなどで、「収入が途絶えた」という場合には、できるだけ早くに債務整理をすべきといえます。

「元気になったら」、「再就職が決まったら」と考えているうちに、逆に借金がどんどん膨らんでしまう可能性があるからです。

「毎月返済しているのに借金が減らない」と感じているとき


「借金がなかなか減らない」と感じることは、「破綻の危険サイン」でもあります。

毎月延滞せずに返済しているにもかかわらず、借金が減らないと感じる原因としては、次のことが挙げられます。

・利息の負担が重たすぎる
・毎月の返済額が少なすぎる
・返済額以上に利用額が多い

アコムやプロミス、アイフルといった消費者金融からの借金には、年18%ほどのとても重い利息が課されています。

年18%で50万円借金しているときに、1ヶ月で発生する利息は7,500円です。

消費者金融から年18%で借金したときの毎月の最低返済額は、13,000円なので、「借金は5,500円しか減っていない」のです。

また、銀行カードローンやクレジットカードのリボ払いの場合には、消費者金融よりも毎月の返済額が少ない場合が多いでしょう。

あまりよく知られていませんが、銀行カードローンは、消費者金融から借金したときよりも支払う利息総額は多くなる場合が少なくありません。

適用利率は銀行カードローンの方が低いのですが、毎月の最低返済額が少ない(月1万円が相場)ため、返済期間が長くなるからです。

借金50万円を約定返済したときに支払う利息総額は、「消費者金融で約25万円」、「銀行カードローンで約27万円」です。

さらに、「借金が減らない」と感じている人は、返済した分と同じかそれ以上に新規の利用をしている場合も少なくありません。

特に、クレジットカードのリボ払いを多用しているときには、「返済額<利用額」になりやすいので注意が必要です。

そもそも、消費者金融、銀行、カード会社が設定する「最低返済額」は、「顧客に利息を多く支払わせるための設定額」であって、「返済の負担を軽くするための金額」ではないことに注意が必要です。

「早く借金を減らす」には、「繰り上げ返済」するしかありません。

逆に言えば、「繰り上げ返済する余裕がない」ときには、予想外の出費や減収などで返済が行き詰まってしまう可能性が高いといえます。

「毎月1,000円の繰り上げ返済できない」という人は、債務整理で「利息をカットしてもらう」ことを検討した方がよいかもしれません。

「借金50万円」を債務整理する方法


借金50万円を債務整理するときには、「任意整理」を利用するのが最も一般的です。

任意整理は、最も簡単な債務整理の方法で、費用も安く済み、プライバシーも手厚く保護することが可能なメリットの多い方法です。

債務整理を依頼すると取立てと返済から解放される

借金で悩んでいる人にとっては、「毎月の返済日が迫ってくる」ことが最も憂鬱なことかもしれません。

また、延滞したら「取立てされる」ことで、家族や勤務先などに借金がバレてしまうのが不安という人も多いと思います。

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すれば、上のような不安はすべて解決します。

債務整理を依頼すると、金融機関は債務者への直接連絡(取立行為)を一切禁止されるからです。

また、債務整理が終わるまでの間、一時的に借金返済もストップすることができます。

50万円程度の借金であれば、返済の一時中断によって、家計を立て直せるチャンスを作れる場合も少なくないでしょう。

「借金バレ」を回避するためには、債務整理した方が良い

債務整理をすると「借金が返せないことが家族などにバレてしまう」と不安に感じている人もいるかもしれません。

しかし、借金していることを誰にも知られないためには債務整理をした方が良いのです。

実際の借金バレは、債務整理したことではなく、「延滞による取立て」をきっかけとなっていることの方が多いからです。

これに対して、任意整理で解決できるケースであれば、債務整理によって借金バレする心配はほとんどありません。

任意整理であれば、依頼した弁護士(司法書士)が債権者との交渉のすべてを行ってくれるからです。

弁護士(司法書士)とのやりとりも、「家族などに知られたくない」と事前に伝えておけば、細心の注意を払って対応してもらえます。

任意整理すると返済総額が25万円以上減額


任意整理では、「今後の利息を全額免除」してもらうように債権者と交渉します。

そのため、任意整理が成功すれば、支払総額は「25万円以上減額」されます。

利息が免除されれば、返済した分だけ確実に借金が減っていくので、毎月返済を続けるモチベーションも維持しやすくなります。

毎月の返済額はどうなる?

任意整理は、自己破産とは異なり「返済負担を軽くした上で借金残額を分割で返済していく」債務整理です。

一般的な任意整理では、36回~60回の分割払いで、借金残額(利息免除)を返済します。

借金50万円を60回分割すれば、毎月8,333円となります。

しかし、借入件数が複数あるときには、必ずしも上記の金額になるわけではありません。

毎月の返済額が少なすぎると、債権者が任意整理に同意してくれない場合があるからです。

たとえば、アコムから30万円、セディナカードから20万円の借入があるときに、セディナを60回分割で任意整理するのは難しい可能性があります。

一般的には、毎月の返済額は、最低でも1社あたり5,000円程度というのが相場とされています。

したがって、借入件数が多くなるほど、任意整理したときの返済負担は増えてしまいます。

「借金返済が苦しい」と感じたときには、自転車操業などで対応する前に、債務整理することを検討すべきでしょう。

アルバイトやパートでも任意整理できる?

任意整理は裁判所を用いない手続きなので、利用の条件は一切ありません。

したがって、「毎月返済しなければならない金額を支払える収入」さえ確保できれば、アルバイトやパート、年金生活者であっても利用することができます。

また、家計のやりくりで返済額を工面できるのであれば、専業主婦でも任意整理可能です。

債権者が任意整理に応じてくれないケース


任意整理は裁判所を利用しないため、柔軟な対応ができる反面、相手方である債権者を強制できません。

そのため、必要以上に債権者にとって不利(債務者に一方的に有利)な条件で任意整理することはできません。

また、次のようなケースでは、任意整理のための話し合いにすら応じてもらえない可能性もあります。

・ほとんど返済していない借金の場合
・債権者がすでに訴訟や支払督促を申し立てている場合
・債権譲渡された場合
・中小の金融機関からの借金の場合

「返していない借金」の例としては、「50万円借りた翌週に任意整理しても応じてもらえない」というのが、少し極端ですが一番わかりやすいと思います。

実際には、自転車操業に陥っているケースでは、「直近の借金が任意整理できない」ということがよくあります。

また、延滞が長期化したことで、法的措置をとられた場合や債権譲渡されてしまった場合にも任意整理に応じてもらえないことがあります。

テレビCMなどで見かけることない、いわゆる「街金」から借金した場合にも任意整理に応じてもらえないことは少なくありません。

中小の金融機関には、不利な条件で和解をするだけの経営体力がない場合があるからです。

以上のケースは、「返済が苦しくなった借金を長期間放置する」と生じやすいものばかりです。

低コストの債務整理である任意整理で借金問題を解決するためには、早期に弁護士・司法書士に依頼することが何よりも大切です。

50万円の借金を自己破産で解決できるか?

自己破産は、自己破産したときに債務者が所有している財産で借金を清算する手続きです。

とはいえ、すべての財産が処分されるわけではなく、「借金50万円が返せない人」の場合には、自己破産しても清算する財産が全くない場合がほとんどでしょう。

その場合には、「1円も返済せずに借金を全額免除」してもらえます(免責を受けられた場合)。

「全く返さなくて良いなら自己破産の方が良い」と考える人もいるかもしれませんが、実際にはそんなに簡単ではありません。

「50万円」という金額は、ほとんどの人にとって、「今後完済が絶対に不可能」という金額とはいえないからです。

そのため、就労可能な人であれば、自己破産の申立てをしても却下されてしまう場合がほとんどでしょう。

しかし、生活保護を受けなければ生活を維持できない人のように、「働きたくても働けない事情」があるときには、借金50万円でも自己破産で解決できる余地があります。

生活保護受給者であれば、自己破産にかかる費用もすべて国が負担してくれます。

債務整理にかかる費用はどうしたらよい?


債務整理するためには、一定の費用がかかります。

「借金の返済もできないのに債務整理の費用なんて工面できない」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、実際に債務整理の費用は何とか工面できている場合が多いです。

債務整理の相談は無料で受けられる

弁護士・司法書士への依頼は、まず相談からはじまります。

弁護士会・司法書士会のルールでは、受任に先立って依頼人と直接面談することが義務づけられているからです。

債務整理の相談は、「お金に困っている人」を対象とするため、いまではほとんどの事務所が「無料」で対応してくれます。

「債務整理の費用が心配」ということも無料相談の際に、弁護士・司法書士に伝えれば、適切にアドバイスしてくれるはずです。

弁護士・司法書士費用は分割払いが可能

借金50万円の任意整理であれば、弁護士・司法書士費用もそれほど高額にはなりません。

任意整理の費用は、「債権者の数(借入件数)」に応じて決まるからです。

たとえば、債権者が1社だけであれば、5万円~10万円程度で済む場合がほとんどでしょう。

借金50万円を完済するときに支払う利息総額は25万円以上ですから、その半分以下の金額です。

また、弁護士・司法書士報酬は、「分割払い」にも対応してもらえます。

債務整理を依頼すれば、借金返済が一時停止となるため、支払いが二重になることもありません。

低所得の人は法テラスが支援してくれる

分割払いであっても弁護士・司法書士費用が支払えないほど生活が苦しい人であれば、「法テラス」が行っている「民事法律扶助」による「費用の立て替え払い」を利用できる可能性が高いです。

民事法律扶助は、低所得の人が法的サービスを利用する際の費用を支援する制度です。

民事法律扶助を利用できる目安は、毎月の手取り月収が18万円以下です。

ただし、東京・大阪・横浜といった「大都市在住の人」や、「扶養家族のいる人」、「家賃負担をしている人」の場合には、手取り月収20万円以上でも民事法律扶助を利用できる場合があります。

法テラスに費用を立て替えてもらったときには、毎月1万円もしくは5,000円ずつ返済します。

まとめ


いまは50万円の借金であっても、対応が遅くなれば、100万円、200万円と膨らんでしまうことも珍しくありません。

「毎月の収入を急に増やす」ことや、「すでに切り詰めている生活をさらに切り詰める」ことは決して簡単ではないからです。

借金が50万円のうちに正しく対応すれば、低コストで誰にも知られずに借金を解決することができます。

「毎月の返済が苦しい」と感じている人は、できるだけ早いうちに弁護士・司法書士に相談してみましょう。



借金問題は、匿名で使える無料シュミレーションサービスが便利です。

借りている金額や住まいから、あなたに1番合う借金問題解決の専門家を無料で簡単にマッチングしてくれます。

実際に多くの人が専門家に話を聞いてもらうことで、借金問題を解決することに成功しています。

また、多くの方が口を揃えて言うのが、『こんなにあっけなく借金問題が解決するなら、1人で悩まずもっと早く相談するべきだった。』ということ。

借金問題は先送りにすればするほど、状況は悪化するだけです。

悩んでいる間にも利息や遅延損害金は増え続けますし、1日も早く行動をとることが非常に重要です。

あなたの大切な人生。より良いものにする為にも今すぐに行動をすることをおすすめします。

匿名・無料で使える借金減額シュミレーションはこちら⇒

コメント